Convergence Lab. CEOの木村優志です。

AI導入のために人材は欠かせません。では、どのような人材が具体的に不足しているのでしょうか?ここでは、不足している以下の3つの職種について紹介します。

  • AIプロダクトオーナー
  • データアナリスト
  • AIプランナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ユーザー企業に不足しているAI人材

 AI導入にあたって、ユーザー企業にはどのような人材が不足しているのでしょうか。

情報処理推進機構の『AI白書 2020』の「企業におけるAI利用動向アンケート調査」で、そのような調査が行われています。これによると、7割近くのユーザー企業が「現場の治験と基礎的AI知識を持ち、自社へのAI導入を推進できる従業員」、「AIツールでデータ分析を行い、自社の事業に活かせる従業員 」、と答え、6割近くの企業が「AIを活用した製品・サービスを企画できるAI事業企画」と答えています。

 

出典:情報処理推進機構、"AI白書 2020", (2020年3月) より再作成

 

ここでは、それら3つの職種を以下のように再定義します。

  • AIプロダクトオーナー
    • 現場の知見と基礎的AI知識をもち、自社へのAI導入を推進できる従業員
  • データアナリスト
    • AIツールでデータ分析を来ない、自社の事業に活かせる従業員
  • AIプランナー
    • AIを活用した製品・サービスをキアックできるAI事業企画

 

 

 

以下で、それぞれについてみていきましょう。 

 

AIプロダクトオーナー

AIプロダクトオーナーは、AI白書における「現場の知見と基礎的AI知識をもち、自社へのAI導入を推進できる従業員」の位置に相当する職種です。

AIプロダクトオーナーとは、スクラム開発におけるプロダクトオーナーと重複する役割をもちます。スクラム開発については、スクラム (ソフトウェア開発) - Wikipedia を参考にしてください。

AIプロダクトオーナーという用語は、私の造語です。これまで、あまり注目されてきませんでしたが、AI導入にあたってなくてはならない職種です。

AIプロダクトオーナーとは

AIプロダクトオーナーは、自社へのAI導入の推進を行う職種です。

AIプロダクトオーナーの責任

AI導入プロジェクトの成功に責任を持ちます。

 AIプロダクトオーナーに必要なスキル

AIプロダクトオーナーに必要なスキルは、AIプロジェクトの推進において必要なスキルです。

  • 基礎的なAIへの理解
    • AIに何ができて、なにが苦手なのか
  • 自社業務への理解
  • AI導入の投資対効果(ROI)の最大化
  • AI導入の優先順位の策定
  • etc.

 

データアナリスト

データアナリストは、AI白書における「AIツールでデータ分析を来ない、自社の事業に活かせる従業員」のことです。AI白書では、統計のみではなく「AIツール」でと書いていますが、ここでは、より人口に膾炙しているデータアナリストという名前を採用しました

データアナリストとは

社内や社外のデータを分析して課題を発見したり、解決策を提案する職種です。

データアナリストの責任

分析結果と、提案する解決策の正しさに責任を持ちます。

データアナリストに必要なスキル

  • 統計・AIの知識
  • BIツールや統計分析ツールの運用能力
  • データベースの知識
  • 論理的思考力

 

AIプランナー

AIプランナーは、AI白書における「AIを活用した製品・サービスをキアックできるAI事業企画」に相当する職種です。AIプランナーの必要性については、最近指摘する人が増えてきました。

その名の通り、AIプロジェクトの企画を行う人です。

AIプランナーとは

AIを使った製品・サービスの企画をする人です。

AIプランナーの責任

企画した製品・サービスの成功に責任を持ちます。

AIプランナーに必要なスキル

  • 効果的なAIの運用方法に関する理解
  • アイデア発想法
  • リサーチ分析

まとめ

いま、求められているAI人材について、「AIプロダクトオーナー」、「データアナリスト」、「AIプランナー」に分類して紹介しました。みなさんのキャリアプランの参考にしていただけると幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルマガ登録

よろしければ、メールマガジンへのご登録をお願いいたします。

 

お問い合わせ

Related Articles/Posts